ハムスター ハムムとココちゃんがリスになる?ハムム卒業

動画撮影日:2017年4月26-28日

昨日の続きです。
リスさんのしっぽに縞模様をつけて、リスさんの椅子が完成しました!
体の大きさが違うハムムとココちゃんに合うように調整してみました。
足腰が弱ってきたハムムにちょうどいい腰掛け椅子になりましたが、弱ってきたハムムの動きをみていて、余計なことをするのはよそうと思い、完成したリスさんの椅子にハムムが座る写真や動画はなく、制作途中のたぬきさんのチェックが最後となりました。

今まで、ママちゃんの工作に付き合ってくれて、本当にありがとう。
ハムムの中には、ちっちゃなおじさんが入っているんじゃないかってくらい、ママちゃんの気持ちをわかってくれる賢いハムスターでした。

この動画の1ヶ月後に、ハムムはハム生を終えますが、ハムムが亡くなる最期まで、亡くなった後も動画を撮っています。
今思うと、悲しい状況でよく動画なんて撮っていたなと思います。
最初のころは「かわいいハムムの姿を残したい」という思いでしたが、最後は「小さな体で一生懸命生きているハムムの姿を残したい」という気持ちに変わっていました。

ハムスターはとてもかわいい生き物ですが、ぬいぐるみやおもちゃではありません。
かわいいだけではない、最後は老いて、弱っていきます。
中には病気になってしまい、苦しむ姿を看取ってあげないといけない子もいます。

どんなハム生になるかは分かりませんが、命を預かった以上、人間は最後まで責任をもってお世話をする義務があります。

娘が「ハムちゃん、かわいい!飼いたい!ちゃんとお世話をするから!」と言って、ちゃんとお世話をするという条件で飼い始めましたが、結局お世話をするのはママちゃん。ココちゃんを迎え入れたときも同じでした。
何十回「ハムムは ぬいぐるみじゃないんだからね!」と叱ったことか…(でも、私も小さなころはそうでした…)

娘がハムムのことを忘れないために、命の大切さを学んでもらいたくて、撮り続けました。
いつか、娘がハムムの動画を観たときに何かを感じてくれたら、嬉しいです。
動画をみてくださった視聴者の皆様にも同じ気持ちです。

昨日の動画はこちらです。
『ハムムとココちゃんがリスに見えるイスを作りたい。』

※ この動画を見て、ハムスターを飼ってみたいと思ってくださった方へお願いです。
ハムスターは警戒心の強い生き物です。犬や猫のように懐く生き物ではありません。
必ず飼育本を読み、ハムスターのことを理解した上で、家族に迎え入れてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする